ニキビケア化粧品の殿堂!ニキビケアにはこれだ!

思春期からニキビケアすることの大切さを親御さんにお伝えします!

思春期ニキビって、早い人だと小学生頃からでき始めてしまうんです。
そうなると、やっぱり気になるのが他人の目。

 

大人社会と違って、子供の世界はタテマエが存在しません。
なので、ニキビがたくさんあるだけで「お前の顔きたない!」みたいに言われていじめられてしまうことも。
そうなると、子ども自身も自尊心がどんどん弱くなっていてき、自分から目立つ行動をしなくなっていき、引きこもりがちになってしまう場合もあります。

 

親としては、そんな子供の姿は見たくありませんし、人生の中でも一二を争う位楽しい思春期時代を過ごしてもらいじゃないですか。
だからこそ、子供のニキビケアは早い時期から始めるべきなんです!

 

というわけで、ここでは高校生あたりの思春期ニキビで悩むお子さん向けのニキビケア化粧品を紹介します。

 

これでバッチリ!ニキビケア化粧品ランキングベスト3

 

ビーグレンの特徴

ニキビケアといえば様々な化粧品がありますが、思春期ニキビはニキビ跡が残ってしまいがちなのが困るんですよね。ですから、ニキビ跡を残らないようにする化粧品を使うのがベスト。オススメなのはビーグレンです。ビーグレンのCセラムには、ニキビ跡をケアするビタミンC誘導体が含まれています。また、洗顔は毛穴の汚れをしっかりと吸着して洗い流してくれる泥洗顔なので、新しいニキビの予防にも効果が期待できますよ

価格 1,800円
評価 評価5
備考 10代後半の思春期ニキビ〜大人ニキビにおすすめです!
ビーグレンの総評

大人ニキビと書いてありますが、思春期ニキビにも使用できます。思春期ニキビはホルモンバランスが変化し、皮脂分泌が過剰になることが原因の一つ。毛穴内に皮脂や汚れが詰まることで発生します。ですから、毛穴内までしっかりと洗顔できるビーグレンがオススメなんですよ!
ニキビ跡になると恥ずかしくて仕方ありませんが、ビーグレンの美容液にはビタミンCが配合されているため、赤みが残ったり色素沈着しても早めにケアできます。
他人に見られても恥ずかしくないようにするためには、ニキビ跡を残さないことが一番。ビーグレンはニキビ予防だけでなくニキビ跡の改善にも役立ちますよ♪

ファーストクラッシュの特徴

思春期ニキビを治したいとき、別に思春期ニキビ専用の化粧品を使う必要はありません。でも、「思春期ニキビ向け」って言う方が安心感がある。。。そんな親御さんにオススメなのはファーストクラッシュ。ファーストクラッシュは肌に刺激が少ないタイプの化粧品ですし、使い方も簡単なので、スキンケアがわからないお子さんにもオススメできますよ。

価格 3,714円
評価 評価4.5
備考 小学生〜高校生まで幅広く使える思春期ニキビ化粧品
ファーストクラッシュの総評

ファーストクラッシュのポイントは、肌の角質を柔らかくして毛穴に皮脂がつまらないようにする成分が配合されていること。これにより、新しいニキビが出来るのを防いでくれます!10代後半の方にできやすい大人ニキビにはあまり向きませんが、小学生〜中学生くらいまでならとてもオススメできるニキビケア化粧品ですね。

ルナメアAC

ルナメアACの特徴

思春期から大人に変化していく中で、肌の保湿力も徐々に失われていきます。肌本来の保湿力が減っていくことで、肌は外部の刺激を防ぐために皮脂を分泌するようになりますが、それがニキビのもとに。。。ルナメアACは乾燥した肌を保湿し、余分な皮脂分泌を防いでくれます。

価格 1,000円
評価 評価4
備考 保湿力も価格の安さもバツグン!高校生にはオススメ
ルナメアACの総評

ルナメアACは保湿力がものすごく高いです。なので、高校生のニキビにはオススメできますが、小学生〜中学生にはオススメできません。この時期はもともと肌にうるおいが十分ありますから、保湿する必要がないんです。ですから、小学生、中学生の方にはファーストクラッシュの方がオススメでしょう。

 

さて、ざっとオススメのニキビケア化粧品を紹介しましたが、お子さんのニキビに使えそうなものがありましたか?
え?まだちょっとわからないことがありますか?
・・・・うーん、それでは、とりあえず以下の疑問にお答えしますね。

 

え?ニキビなんて皮膚科に行けば治るんじゃないの?

え?ニキビなんて皮膚科に行けばどうにでもなるでしょ・・・と、思っている方、とっっっっても、甘い!!です 。
ニキビケアは皮膚科だけでは完結しません。毎日のスキンケアが非常に重要なんです。

 

というか、皮膚科にむやみに行くとニキビを潰されてニキビ跡になるだけ、、、なんてことも。
あ、これは10代の頃の私の話ですね。

 

あの頃は、「皮膚科に行って軟膏を貰えば治るんだ!」なんて思って親に連れて行ってもらいました。
その時の担当の先生の顔は今でも忘れられません。私に長年残ったニキビ跡を作った張本人ですもん!

 

当然、そのお医者さんに通うのはやめましたよ。
私以外でも同じように、皮膚科に行ってニキビを潰された、という方は多いと思います。
もちろん私のようにニキビ跡になって残った、という方ばかりではないでしょう。

 

ですが、私の場合はニキビ跡になって長い間残ってしまったことが今でもちょっと悔しいなって思ってます。
だから、同じような間違いをしないためにも、皮膚科に行ってもニキビは潰さないようにしてもらって下さいね。
お子さんにもそれは念のため伝えてあげて下さい。

 

じゃないと、ニキビ跡が残った時にすごく後悔してしまいますからね。。。

 

というわけで、今では私はニキビは化粧品で早めにケアするのが大事だと思うようになりました。

 

え?なんで思春期ニキビなのに大人ニキビ向けを紹介してるの?バカなの?

思春期ニキビとはいうものの、人によって症状は様々。
常識通り、10代の頃は思春期ニキビができる。。というのは思い込み。

 

いまや10代でもクラスの中での人間関係、受験でのストレスなんかでニキビができてしまいます。
おでこや頬ではなく、お子さんのあごや口周り、こめかみあたりにニキビができていないでしょうか?

 

それらは典型的な大人ニキビ

 

大人ニキビは思春期ニキビのように、洗顔だけきちんとしていればいいというものではありません。
きちんとしたスキンケアを覚えるこや生活習慣の改善、ストレス対策などが必要になってきます。

 

というか、スキンケアは今後の人生でも結構大切ですし、メイクをするようになってからは特に気にしないといけなくなります。
お子さんの肌がいつまでもキレイでいて欲しい・・・・そう思うのであれば、スキンケアの間口を開けてやるのも親の勤め(?)なのかもしれません。

 

え?ニキビなんか放っておけば消えるでしょ?

逆にお伺いしたいのですが、あなたが子供だった頃ニキビができたときのニキビ跡、ほんとにキレイに消えましたか
多くの方は歳を重ねるとともに忘れてしまっているかも知れませんが、ニキビ跡はなかなか消えないもの

 

私の場合、中学二年生にできたニキビ跡が高校卒業時くらいまで残ってしまいました。
それだけでなく、ニキビがたくさんできると非常に厄介なことがあります。

 

それが、毛穴の開きですよ、いやほんとに。私、いま30代間近なんですがこれは本当に実感しています。
思春期頃からしっかりとニキビケア+皮脂の予防をしていればここまで毛穴で悩むこともなかっただろうに。。。って。

 

子供の頃はツルツルスベスベの肌だったのに、20代を超えてからは毛穴が開いて鏡を直視するのが嫌になる・・・・なんて、よくあること。
というか、これも私のことですね。。

 

どうしてニキビケアをテキトーにしているとニキビ跡だけでなく毛穴でも悩まなくてはいけなくなるのか・・・。
それは、過剰分泌された皮脂が肌表面の老化を促進してしまうから。

 

これは別でもう少し深く取り上げたいわけですが、肌表面に分泌された皮脂は時間が経つと酸化します。
酸化した皮脂は、肌表面を老化させてしまうのです。ですから、「まだ20歳なのに、なんでこんなに毛穴が大きくて汚いんだろ。。。」と、悩まなければいけなくなります。

 

これでは、自分にどんどん自信がなくなっていってしまいますよね。
可愛い服を見つけたりしても、「自分には似合わないし。。」と考えたり、「恋愛なんて自分にできるわけないし。。」みたいにかなりのマイナス思考に陥ってしまうことも。
肌の綺麗さは自分の自信に直結していると言っても過言ではないです。

 

当然、年齢が上がれば肌のハリや潤いも少なくなってきますから、毛穴の悩みはより深刻に。。
ファンデやコンシーラーで一時的に隠せますが、最近の男性は目ざとくなっているので女性の地肌の汚さを見逃しません

 

ていうか、男性の方がメイクをしない分肌がキレイだったりします。
女性はメイクをする分、肌に負担をかけてしまっているのです。そりゃ、肌も汚くなりますよね。。

 

男性だけでなく、「彼氏いない歴=年齢」なんて女性も最近は増えているという話も聞きます。
自分に自信がなくなると引きこもりがちになりやすいですし、家と学校、または会社の往復だけなんて生活になると出会いなんてあるわけ無いですよね。
で、30代手前くらいで焦るわけです。婚活しなきゃって。でも、女子力を磨かなすぎていい男性を見つけられないの無限ループ。怖いですね。。人事じゃないんですけどね、私も。あ〜、コワッ!

 

 

・・・・と、かなり話がそれましたが、ニキビを放置しておくということは、ニキビ跡だけでなく毛穴の悩みも今後引き起こす可能性が高いということです。そして、それが引き金となって自分に自信がなくなってしまうこともあるわけです。

 

ですから、親御さんとしては子供にはしっかりと自分に自信をもった子供になって欲しいですよね。
そのための第一歩がニキビケアというわけです。悩みが消えるというのは達成感があるもの。
小さなことでも自分で何かを成し遂げたという達成感が、自信に繋がるのです。

 

え?ニキビケア関係ないじゃんって?

そんなことはないですよ、スキンケア・ニキビケアだって、小さなことかもしれませんが本人からしたらとても大事なことです。
大人からしたらもっとたくさんの悩み事があるので、どうしても「大したことないじゃん、それより勉強がんばってよ!」と思ってしまいがち。
ですが、子供の悩みは大人ほど多くないので大きく考えてしまう傾向があります。
その悩みを解決できれば、子どもとしては大きく成長できた、と感じられるんです。

 

なので、思春期のニキビのケアはとても大切なんですよ。

 

というわけで、めちゃくちゃ長くなっちゃいましたが、お子さんのニキビケアにはきちんとニキビケア化粧品を使わせてあげて下さい。約束ですよ!

 

ビーグレンの特徴

ニキビケアといえば様々な化粧品がありますが、思春期ニキビはニキビ跡が残ってしまいがちなのが困るんですよね。ですから、ニキビ跡を残らないようにする化粧品を使うのがベスト。オススメなのはビーグレンです。ビーグレンのCセラムには、ニキビ跡をケアするビタミンC誘導体が含まれています。また、洗顔は毛穴の汚れをしっかりと吸着して洗い流してくれる泥洗顔なので、新しいニキビの予防にも効果が期待できますよ

価格 1,800円
評価 評価5
備考 10代後半の思春期ニキビ〜大人ニキビにおすすめです!
ビーグレンの総評

大人ニキビと書いてありますが、思春期ニキビにも使用できます。思春期ニキビはホルモンバランスが変化し、皮脂分泌が過剰になることが原因の一つ。毛穴内に皮脂や汚れが詰まることで発生します。ですから、毛穴内までしっかりと洗顔できるビーグレンがオススメなんですよ!
ニキビ跡になると恥ずかしくて仕方ありませんが、ビーグレンの美容液にはビタミンCが配合されているため、赤みが残ったり色素沈着しても早めにケアできます。
他人に見られても恥ずかしくないようにするためには、ニキビ跡を残さないことが一番。ビーグレンはニキビ予防だけでなくニキビ跡の改善にも役立ちますよ♪