10代の思春期ニキビをバッチリケアするスキンケア術!

10代の思春期ニキビをバッチリケアするスキンケア術!

10代の思春期ニキビをバッチリとケアするためのスキンケアの方法、知りたいですよね。
10代の頃は肌の潤いは20代、30代と比較しても段違い!

 

もうね、ハリが違うんですよハリが!30代が「水分の減ったみかん」だとすると、10代の頃っていうのは「みずみずしいみかん」というくらいの違いがあります。
え?わかりにくいですか、すいません。。

 

とにかく、10代の頃というのは非常にうるおいある肌のため、保湿ケアの必要はほとんど無いのです。
ですから、化粧品であれば「しっとりタイプ」を使うのが王道ですね。

 

しっとりタイプの化粧品は、保湿成分が余分に含まれていないので質感的には非常にサラサラしています。
オイリー肌の人にオススメ、とよく言われていますがこれは典型的な思春期ニキビの人も含まれます。

 

「うちの子、肌がなんかてかっててギトギトしてるなぁ。。」と感じるようであればしっとりタイプの化粧品がおすすめですね。

 

そういったこの場合は、とにかく洗顔に力をいれることが大事。
思春期ニキビは洗顔だけで予防することも可能。

 

どうしてかと言うと、肌の潤い自体はおおいので保湿ケアしなくていいから。

 

ですから、朝晩2回の洗顔だけ徹底するだけでも十分ニキビケアできてしまうのですね。
ま、それも小学生中学生あたりまでなのですが。。。

 

高校に入ったら大人ニキビケア化粧品を使うのがオススメなワケ

 

で、中学までは洗顔だけでも十分ニキビケアできたわけですが、高校に入ったらまた違ったケアをする必要が出てきます。
それが、大人ニキビのケアですね。

 

大人ニキビが出来る時期は人によって異なりますが、多くは20代以降。
しかし中には10代後半から出てきてしまう子もいるのです。

 

大人ニキビと思春期ニキビには根本的な差はないので、大人ニキビ向けでも思春期ニキビ向けでも「有効成分さえ入っていれば」ニキビは鎮まります。
はいここ、重要ですよ。

 

有効成分が入っている・・・ということは、別に思春期ニキビ向けの化粧品を使い続ける必要はないのです。
女性は社会人になってからメイクをすることが必須になりますから、肌荒れも起こりやすくなります。
それだけでなく、毎日の疲労やストレス、偏食などによってもニキビができやすくなるわけです。

 

ですから、早めにスキンケアの知識や方法を理解して活かせるようにしておくことが重要なんですよ!!!
そのタイミングとしては、やはり高校生になってからでしょう。

 

高校生になると、出かけるときにメイクをしたりしてオシャレに目覚める時期。
まだメイクにも慣れていないですし、自分の肌にあったものを使えなければ肌荒れしてしまいます。

 

なので、今後の練習にもなる大人ニキビケア化粧品は、ニキビケアもできて一石二鳥というわけですね。
高校の時は特にニキビができやすくなりますから、ニキビ跡のケアもしっかりしなければなりません。

 

ニキビを鎮め、ニキビ跡もケアすることで白くキレイな肌にできるというわけ。
過剰な皮脂分泌を防げばニキビができたり毛穴が広がったり老化して目立つ、ということも減ります。

 

大人ニキビ化粧品を使えば色々なメリットが有るんですよ。
ですので、私が子供の立場だったら使いたいですね、大人ニキビ化粧品。

 

ビーグレンの特徴

ニキビケアといえば様々な化粧品がありますが、思春期ニキビはニキビ跡が残ってしまいがちなのが困るんですよね。ですから、ニキビ跡を残らないようにする化粧品を使うのがベスト。オススメなのはビーグレンです。ビーグレンのCセラムには、ニキビ跡をケアするビタミンC誘導体が含まれています。また、洗顔は毛穴の汚れをしっかりと吸着して洗い流してくれる泥洗顔なので、新しいニキビの予防にも効果が期待できますよ

価格 1,800円
評価 評価5
備考 10代後半の思春期ニキビ〜大人ニキビにおすすめです!
ビーグレンの総評

大人ニキビと書いてありますが、思春期ニキビにも使用できます。思春期ニキビはホルモンバランスが変化し、皮脂分泌が過剰になることが原因の一つ。毛穴内に皮脂や汚れが詰まることで発生します。ですから、毛穴内までしっかりと洗顔できるビーグレンがオススメなんですよ!
ニキビ跡になると恥ずかしくて仕方ありませんが、ビーグレンの美容液にはビタミンCが配合されているため、赤みが残ったり色素沈着しても早めにケアできます。
他人に見られても恥ずかしくないようにするためには、ニキビ跡を残さないことが一番。ビーグレンはニキビ予防だけでなくニキビ跡の改善にも役立ちますよ♪