思春期ニキビと大人ニキビの違い〜正しいニキビの見分け方

思春期ニキビと大人ニキビの違い〜正しいニキビの見分け方と対処法

思春期ニキビと大人ニキビ、似ているようで違う、違うようで似ているニキビですが、対策方法はどうすればいいの?と思うはずです。
自分の子供のニキビはたしかに可哀想に見えますが、「ニキビはニキビでしょう」と思っていませんか?

 

まず、大人ニキビと思春期ニキビの違いについてですが、出来る時期と出来る場所で名前が変わるのが一般的な認識です。
おでこや鼻の頭といったいわゆるTゾーンと呼ばれる場所、または頬など目立ちやすい場所にできるのが思春期ニキビです。

 

一方、大人ニキビはというとあごやフェイスラインなどのいわゆるUゾーン、こめかみなどに出来やすいのが特徴ですね。

 

思春期ニキビが出来やすい箇所というのは、皮脂分泌が多い箇所です。
大人ニキビが出来やすい箇所は、特に皮脂分泌が多いわけではありません。

 

しかしどちらも原因は毛穴のつまりにあります。

 

ただし、根本的な理由としては思春期ニキビはホルモンバランスの変化による皮脂の過剰分泌ですが、大人ニキビはストレスや生活習慣の悪化によるものが大半。

 

異なるようで違う原因なんですよ。
もうどっちがどっちかわからない!という感じでもありますが、できてしまったニキビの対処法は至ってシンプル。
有効成分の含まれたニキビケア化粧品を使えばいいのです。

 

大人ニキビと思春期ニキビの対処法はほとんど一緒

 

有効成分の含まれたニキビケア化粧品を使えばいい、以外で何かないの?と思われるかもしれないので、ニキビケアに必要なことをまとめてみました。

 

  • ストレスをためず、定期的に発散する
  • 適度な運動をする
  • 栄養の偏りをなくす
  • 規則正しく生活する
  • 睡眠時間をしっかりとる

 

こういうのが定番でしょう。
定番ですが、当然と言ってもいいことです。
ストレスがたまりやすいというのは正確もあるかもしれませんが、社会的にしかたのないことなので、趣味や運動などで解消するのが良いですね。
ちなみに、睡眠時間をしっかりとるというのは非常に重要です。

 

というのも、肌は睡眠中に修復されるからです。
睡眠中は脳に送っていた栄養を体全体に行き渡らせて体を修復するための時間なわけですが、これが減ってしまうと体の修復が遅れてしまうというわけです。
当然、ニキビの治りも悪くなるわけです。最低でも6時間は睡眠をとることに注意すべきでしょう。

 

まあお子さんの睡眠時間をいちいち親が管理するのはどうかという話なので、「ちゃんと寝てるの?」くらいには聞いてみるのも良いかもしれませんね。
きっちりと生活習慣を正しながら、ストレスを適度に解消し、ニキビケア化粧品を使うことでニキビは撃退できます。

 

と、ここまで書いてきましたが、ニキビケア化粧品は結局のところ有効成分さえ入っていれば大人向けでも思春期向けでもどちらでも良いです。
しかし、こちらの記事でも書いたように、大人ニキビケア化粧品を使うことのメリットも少なからずあります。
ですので、大人ニキビケア化粧品を使わせることも検討してみてくださいね。

 

ビーグレンの特徴

ニキビケアといえば様々な化粧品がありますが、思春期ニキビはニキビ跡が残ってしまいがちなのが困るんですよね。ですから、ニキビ跡を残らないようにする化粧品を使うのがベスト。オススメなのはビーグレンです。ビーグレンのCセラムには、ニキビ跡をケアするビタミンC誘導体が含まれています。また、洗顔は毛穴の汚れをしっかりと吸着して洗い流してくれる泥洗顔なので、新しいニキビの予防にも効果が期待できますよ

価格 1,800円
評価 評価5
備考 10代後半の思春期ニキビ〜大人ニキビにおすすめです!
ビーグレンの総評

大人ニキビと書いてありますが、思春期ニキビにも使用できます。思春期ニキビはホルモンバランスが変化し、皮脂分泌が過剰になることが原因の一つ。毛穴内に皮脂や汚れが詰まることで発生します。ですから、毛穴内までしっかりと洗顔できるビーグレンがオススメなんですよ!
ニキビ跡になると恥ずかしくて仕方ありませんが、ビーグレンの美容液にはビタミンCが配合されているため、赤みが残ったり色素沈着しても早めにケアできます。
他人に見られても恥ずかしくないようにするためには、ニキビ跡を残さないことが一番。ビーグレンはニキビ予防だけでなくニキビ跡の改善にも役立ちますよ♪